投資法人の特徴

財務戦略

投資主価値向上に向けた機動的かつ安定的な財務運営を目指します

エクイティ・ファイナンスの考え方

本投資法人は、資産の取得と債務の返済等の目的に基づいて、新投資口の発行を行うものとし、基本方針として、新投資口の発行は、総資産のうち借入金等の有利子負債の占め る割合(以下「LTV」といいます。)の水準及びマーケット環境を考慮し、投資口の希薄 化に配慮しつつ機動的に行うものとします。

デット・ファイナンスの考え方

本投資法人は、資産の取得、修繕費、分配金の支払い、本投資法人の運営に要する資金、債務の返済等の目的に基づいて、資金を借入れ又は投資法人債を発行することができ るものとします。主に国内有力金融機関を中心としたバンク・フォーメーション(借入先 構成)の構築、長期比率及び固定比率のバランスへの配慮、及び返済期限や借入先の分散 を図ること等を基本方針として、戦略的な資金の借入れ又は投資法人債の発行を実施し、 安定的かつ健全な財務運営を行います。

LTVの基本方針

本投資法人は、財務健全性確保のため、LTVの上限を60%とすることを基本方針とし(但し、新たな資産の取得等に伴い、一時的に60%超となる場合があります。)、巡航水準では40~50%程度を維持していく方針です。

詳細は「財務ハイライト」をご確認下さい。