投資法人の特徴

サンケイビルグループのスポンサーサポート

デベロッパーをスポンサーとするJ-REIT

  • サンケイビルグループの不動産事業は、日本の東西の中心地(東京 大手町、大阪 梅田)を出発点として、1951年の会社設立から、長年にわたる歴史と実績を有しています。
  • 2000年の「東京サンケイビル」(東京 大手町)竣工より大規模オフィスビルの開発実績を積み上げてきました。
  • 2012年のフジ・メディア・ホールディングスへの参画以降は、フジ・メディア・ホールディングスの「都市開発・観光」事業を担う中核会社として、ハイグレードミッドサイズオフィスビル「S-GATE」シリーズや、価値体験型ホテル「インターゲートホテルズ」シリーズ等、不動産開発を積極的に推進しています。

サンケイビルグループが目指す「資産循環型ビジネスモデル」とそれを支えるプラットフォーム

資産循環型ビジネスモデル

本投資法人は、サンケイビルグループとの間で「資産循環型ビジネスモデル」を構築することにより、スポンサーとともに持続的成長を目指します。

資産循環型ビジネスモデル

サンケイビルグループのプラットフォーム

本投資法人は、サンケイビルグループが有する幅広いアセットタイプの開発・運営管理機能を網羅するプラットフォームを活用することで、持続的成長を目指します。

サンケイグループのプラットフォーム